FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Vierge♀Cendrillon~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #112《Last》 

#112 その後の物語

それからは皆、思い思いの地で思い思いの隠居生活を送っていた。
誰一人と別に追われることもなく、生活に困ることもなく、それなりに平和に過ごしていた。
それは、あの二人も例外ではない……。

~とある島にて~

二人は、海に面している洞窟の中に住居を構えていた。
リリウムのお腹は、新しい命をみごもっており大きく膨らんでいる。
リリウム「いつ生まれてくるかな……。りりの赤ちゃん。」
グレン「もうすぐだと思うがな……。しかし今更だけど、リリィもここまでよく許してくれたな。」
グレンは、そう言いながらお腹をさすっている。
リリウム「うん。正直りりでもびっくりしてる。そして魔兎と凶竜の赤ちゃんなんてどんな化け物が出てくるんだろ……。」
グレン「どんな生き物、だろ。それは出てきてからのお楽しみー。なんてな。」
リリウム「今夜だといいな……綺麗な三日月だもん。」
グレン「まぁな。」
二人は、海面の先にある夕焼け空を眺めながら、もうすぐ訪れる新しい命の誕生に胸をときめかせていた。

***

語り手の私は、誰も居なくなったこの建物に今も住んでいる。
あのギルドの跡地という事が災いして、新しい住人がつかない。今は私を含めた幽霊達の居場所になっているよ。
四大都市ルナリアは、今日も平和。しかし、あのギルドのことについて語りがたる者は、もういない。
『第三次魔兎騒動』も、今や都市伝説と化している……。

それはさておき、これでVierge♀Cendrilonのお話はおしまい。
長い間付き合ってくれて、私も嬉しかったよ。




Vierge♀Cendrilon~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

.*TRUE END*. Thanks for reading!!


✩☪·̩͙♡*.+.。.:*・✩☪·̩͙♡*.+.。.:*・✩☪·̩͙♡*.+.。.:*・




Happy Birthday Lilium♪(1/25)

愛するグレンと末長くお幸せに(?)



そして、次の物語へ……。

少女「しばらくお楽しみに!」
青年「準備が出来たら迎えにいくよ」


スポンサーサイト

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。