FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Vierge♀Cendrillon~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #91 

#91 “魔の獣”

────???

それは夢なのか、それとも現なのか。モヤのようなぼーっとした中で、少女は微かに意識をを覚えた。
それと同時にどこか本能的に懐かしいような、どこか心地のよい、でも気色の悪い……。なんとも言えないぬめぬめとした、柔らかく生温い壁に覆われている感覚。そして、身体に幾多にも繋がれた管から、ドクンドクン、血液が流れ込む感覚。
そして彼女は、なぜかとろけるような感覚も覚えていた。今までは嫌悪を感じていたようにも思えたのに、とても気持ちが良い、今までにないような……。
少女「ぅあ……、あ……………っ。」
少女は、肉壁の闇の中で微かに声を漏らしていた。
その時だった。
『ここまでおいで…………。』
どこか聞き覚えのある声。しかし、それは憂いを宿していた。
少女は、一瞬嫌悪を抱いた。しかし、それはすんなり忘れ去られたように、答えようとしていた。
すると、少女の片腕が疼き、火照り出す……。
少女「ぐっ…………あっ…………!」
そうして、少女の意識が遠のいていった……。


~荒廃したルナリア~

夜霧「現れたか……。魔の獣。」
モモ「魔兎リリウムと言うべきね。」
夜霧とモモを先頭に、生存者達はそれぞれの武器を構えていた。
そこへ魔兎が襲いかかる……と思いきや。
魔兎は、その場に伏せて動かなくなってしまった。
シシャモ「…………あれ?」
妖猫「動かなくなった……。」
その場にいた全員が、しばらくぴたっと止まって魔兎の方を見ていた。
しかし、全く動く気配がしない。
黒猫魔「フラグにゃあ!みんな逃げるのにゃ!」
突然黒猫魔が狂ったように叫び、その場から逃げ出す。
リン「みんな逃げて!」
リンの叫び声のすぐ後、皆もその場から離れる。
黒猫魔「防御体制を整えるのにゃ!」
リン「りんごあめー!」
リンがりんごあめステッキを前にかざすと、頑丈な結界が張られる。
銀月「ディアナシステム『レーディング』。結界を強固せよ。」
銀月が、りんごあめガードの魔方陣の中心部に、光る弾を撃ちつける。するとそこから、淡く光る透明の鎖が、しゅるしゅると結界に巻きつき、ガードを固めた。
すると、次には。
リン「うそ……。」
リンは、放心状態になってしまっていた。
なぜなら、最強のりんごあめガードをディアナシステムで強化した完全無欠の結界は見事に破られていたからだ。しかも、いつの間にか皆気を失っていたようで。その場に倒れていた。
ライジン「オーマイガッ……。」
目覚めた生存者達が、目の前に見たもの。更に黒く、先ほでまでの比にならない、それ自体が猛毒と化した邪気を放ち、もはや黒い煙で出来た巨大な兎の影にしか見えない何かがいた。周りには蜂か烏の大群のように飛ぶ黒い粒子の波が、兎の存在をかき消そうともしているように見える。更にその背後には、黒い竜と思わしき影が……。


《続く》
スポンサーサイト

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。