FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Vierge♀Cendrillon~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #83 

#83 一時退避
    それから、メンバー達は調査報告とステータス回復のために一旦ギルドに戻ることにした。
~Vierge♀Cendrillon ギルド~
エリィ「犠牲者もそんなに出たのですね……御愁傷です……。」
銀月「はい……。」
   ギルド内は静かであった。
   と、いうのは嘘で。パリィン、と音を立てて窓ガラスが割れる。
ライジン「こらっ!他人のギルドを壊すなぁ!」
   ライジンは、喝を入れた。
    ももかは、あかんべーと舌を出す。
ももか「誰かが避けるから悪い。」
    ガラスを割ったのは彼女だが、全く罪の意識がない。
    それを眺めて鳴く猫たち。
リン「あーぁ。」
黒猫魔「またトンデモにゃいのが……。」
妖猫「にゃー……。」
   癒しの猫組に、ニューフェイスが加わっている。名前は妖猫。
    ライジンはその中で、エリィに向かって頭を下げる。
ライジン「すいません……弁償させますので……。」
エリィ「いえいえ。しかし“鬼畜ゆめ”であってもこの魔兎対策強化ガラスを割ってしまうとはねー……。」
   エリィは、いちいちリアクションが大きいキャラに似つかない苦笑いをした。
    その時、彼女の背後にももかが迫ってきた。
ももか「すごいだろー?」
    ものすごいドヤ顏で。
エリィ「ひゃっ!?」
    エリィは、その形相から溢れる謎の狂気に身体が押される。
ライジン「くらぁっ!!!」
    ライジンは、投げ縄をももかに向かって投げる。
    縄はももかに命中し、彼女の身体を拘束する。
ももか「ぎゃ。」
ライジン「ぎゃ。じゃないだろ……?」
   ライジンは、嵐の前の微笑みをももかに向かって見せる。
   ももかは、平気そうな顔をしている。しかし、その指先は若干震えていた。
   それもまた、猫達は傍観していた。
妖猫「怯えてる………。」
リン「狂気者も素直ねー……。」
黒猫魔「まるで昔のリリィさんとジグマさん……は違うか。」
    黒猫魔は、自分の側にいるジグマの方を見た。
ジグマ「あいつは言う事全然聞かないね……。でも、あんな姿はもう見たくない。今は元の彼女に戻って、魔兎騒動も収まれば……」
    ジグマが、セリフを言っている最中のことだった。       
    突然、倒壊音と共に上からガレキが降りかかってくる!
「ぎゃぁあああああああ……!」
   皆、なす術もなく瓦礫の下敷きになった。
《続く》
スポンサーサイト

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。