FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Vierge♀Cendrillon〜ようこそ僕らの闇堕ちギルド〜 #79 

#79 驚威の魔兎

その後も、魔兎の様子を伺っては進み、街にうごめく黒い動体を倒し、そしてちょこちょこと物陰に隠れ……を繰り返していた。
緊迫した空気の中、疲れを見せ始めるメンバー達。
煉「疲れたぁ……。」
Flufly「地味な作業だなぁ……もういいんじゃないの?」
楓「生存者……いなさそうですしね……。」
るかたこ「引き返します……?」
そう、ヒソヒソと話をしていると。
「失礼だな……いるよ………。」と、震え声がした。
銀月「誰?」
銀月が、後ろを振り向くと、男が二人、身を寄せ合っていた。
斬識「ブルブル……。」
シン「あ、どうも……。」
斬識とシンであった。
銀月「これはこれはどうも。犬ですね……。それと斬識さんだね。」
シン「キュゥウウ……ン……って犬っていうなぁ……。」
斬識「それより、魔兎に襲われかけたんだよ俺ら……。」
銀月「あの……大体想像はつきますが……。一応何があったか教えてくれませんか?」
こちら側としては、魔兎の情報は聞き逃すわけにはいかない。銀月は、斬識がリラックスできるよう、背中に優しく手を置く。
斬識は、最初は震えと呼吸の荒さにすぐ言葉が出なかった。しかし何とか心を整理し、魔兎に襲われかけた時のことを話す。
斬識「あぁ……。あれは……人間が挑むものじゃねぇよ……。見ての通り巨大で、なんか胞子のようなものを撒き散らしていて、見るものを全て潰してゆく……俺らも何人かで逃げてはいたが、俺ら以外の仲間は殺られ……。恐怖からずっと隠れていたよ……。」
続けて、シンもこう言う。
シン「斬識と隠れていたら……見つかって……。あの時は死ぬかと思った……。占い師リオンが現れて……なんとかそこは逃れられて、更に逃げたんだが……。しばらくしたら……黒い竜巻が…………。」
語った二人ともに、顔面蒼白。瞳には、まるでお化けを見た子供のように涙を浮かべていた。いや、本当に化け物を目前にしているのだが。
銀月「やっぱりそうか……。」
るかたこ「でも、生存者がいてよかったわ……。」
銀月「確かに。」
シン「俺たちもですよ……。」
前の賑わいなんて無いほどに荒廃し、すっかり戦場と化してしまったルナリア。そこにおいて、無事に集まっていられる仲間がいるということが、つかの間の安堵であった。
のだが。
突然、頭上の瓦礫が割れ、メンバー達に崩れかかる。
るかたこ「きゃぁあああああああ……!」
その瞬間、響きわたる銃撃音。
と同時に、瓦礫は砂状となり、サラサラーっと地面へと落ちていった。
煉「げほげほっ……!」
砂埃で咳き込むメンバー達。
銀月「ふぅ………危ない………。」
銀月は、再び安堵のため息をついた。
楓「ありがとうございますっ……。」
Flufly「さすがチート銃……。」
Fluflyもほっとしていた。
すると、ノイズが軽くかかったような不気味な笑い声が聞こえてくる。
?「うぇっへっへwwwモモおねーさまはいねーがー?www」
銀月「ふぇ。」
メンバー達は、その笑い声の方を見る。

《続く》
スポンサーサイト

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。