FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

Vierge♀Cendrillon〜ようこそ僕らの闇堕ちギルド〜 #78 

#78 荒廃街の調査隊

銀月を筆頭に、るかたこ、Flufly、煉、楓は荒廃しきった街の調査をしていた。
銀月「早く、こっちこっち。」
魔兎の巨体の位置を確認しながら、ガラクタの物陰へとパーティを誘導する銀月。
煉「ちょっと待ってぇ……。」
楓「なんかうねうねいますがぁ……。」
煉と楓は、ゾンビのような、スライムのような、黒い動体に道を阻まれる。
るかたこ「はぁっ!!」
るかたこが、魔弾を撃ち黒い動体に的中させる。
グチャ……ドロドロォ……、と音を立ててそれは崩れる。その後の地面には、禍々しい程に黒いスライムが広がっていた。
Flufly「流石るかたこちゃーん!るっかるっか‼︎」
Fluflyは背後で、光るバトンを二本手に持ち、くるくると全力で回していた。
楓「はぁっ……助かった。」
るかたこ「Fluflyもオタ芸してないで、行くよー。」
Flufly「やんやんよー。」
銀月「早くー。」
一行は、そうして物陰へと隠れた。
煉「なんだか、サバゲーみたい。」
銀月「これは本物の、サバイバルだ……。もしも魔兎(りりしゃ)に出くわしたら、この秘蔵の銃火器で……。」
銀月は、ギルド秘蔵の散弾銃……“SPAS-15 Black L†W costom edition”をそっと撫でながら言った。
煉「ところでそれ、なんか長ったらしい名前ついてるけど、何か改良点はあるの?」
銀月「まずは、火力や連射、装填数やリロード性能の向上。(通常の範囲で)暴れているりりしゃを、一撃で鎮圧できる程の火力。そして、りりしゃはいざとなりゃかなりすばしっこいから、外しても外しても、対応していくための連射と、喰っても喰ってもなお喰い続けるりりしゃの胃袋のような装填数、瞬速ともいえるリロード性能もね。」
Flufly「チョットマッタソレッテチートジャネ?」
銀月「このギルドではよくあること。それに……。」
楓「それに……?」
銀月「ディアナシステム。グレンに付け足してもらった。」
銀月は、銃の本体に取り付けられたチャームを見せる。銀色の鎖で銃の本体に巻かれており、チャーム自体は月形のフレームに、淡いブルーの宝石が輝く。
るかたこ「凶竜お手製だとっ!?……でも綺麗……。
楓「いつの間に!?それは一体何の……」
銀月「それは使ってからのお楽しみかな。」
銀月は、少しにやけている。
煉「何それー。伏線張ってるぅ……。」
煉は、ぶーぶーと口を歪めた。
銀月「まぁまぁ、楽しみにしときなさいな。次回へ……続く。」

《続く》
スポンサーサイト

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。