FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #5 

#5♀魔兎ウィルス

前回のお話。
リリウムと殺りあうプリウス。魔兎ウィルスに感染、症状が進んでいることが発覚。エメラルドが、それ用に作った薬を探しにいく間、リリウムは、プリウスと戦うこととなった……。


~ギルド内 エメラルド専用薬剤保管庫~
 中は、大量の薬ビンや実験器具、中には薄い本まで棚から机までごちゃごちゃと敷き詰められている…。
 エメラルドは、その中から魔兎ウィルス用の薬を探していた。
エメラルド「これは媚薬だし……これはハゲール薬、これはジグマに作ったワックス剤だし……これは……なんだこれ。あーもうこれも違うしこれも違うな…一体どこやったんだ…魔兎ウィルスの症状を抑える薬。」


~ギルド内 バトルホール~
(引き続き翻訳ありでお楽しみ下さい。)

リリウム「グァアアアアアアアアアアッ!!!!」
プリウス「グァアアアアアアアアアアッ!!!!」
 二人の戦いは、一時間を経過した。
リオン「よく疲れないな…あんだけ本気で殺ってリリィもあの子も。」
銀月「魔兎ウィルスにかかってるんだから、疲れてなくてもおかしくはないでしょ。」
ジグマ「いつも面倒見てたから言わせてもらうけどうん、最高で一週間は続くよ。」
リン「でもあの子…疲れてきてないかにゃ。」
観覧席では、何かしらしながら戦いを見届けていた。
 一方、バトルホールでは。
プリウス「ハァ………ハァ………。つか…れ……た………。」
リリウム「まだ定着してないのにそんなに暴れちゃ疲れるの。人間の運動量でいうと一ヶ月でやることをたった一時間でやっていることと同じなのー。りりはまだまだ殺れるけど。」
 まだまだ殺る気のリリウムと、疲れてぐったりしているプリウス。そんな二人の元にリンがやってきた。
リン「休憩中?おやつもってきたからねー。ごゆっくりー。」
リンは、おやつに特製りんごあめを置いて観覧席に戻った。
リリウム「ありがとなのっ…。はい。」
リリウムは、りんごあめを一つプリウスに渡す。
プリウス「これは………何だ………。」

リリウム「りんごあめー。美味しいのー。ぺろっ。」
プリウス「りんごあめ……?あのお祭りで出てくる………。」
リリウム「うん、リンに頼めば食べ放題。たまに厄介なのー。」
りんごあめをノリノリで食べているリリウム。
プリウス「じゃあ……いただきます……グアッ………。」
りんごあめを舐めるプリウス。
プリウス「美味しい…。こんなりんごあめ……初めて食べたかも。」
リリウム「ウキャキャ♪それは良かったの。」
仲良くりんごあめを食べる二人。
それを観覧席でも、微笑ましく見ていた。
銀月「こうして見ると二匹の兎が仲良くりんごあめを食べているみたい。」
ジグマ「本当に。こうしていれば普通に可愛いのに。」
エリィ「……二人とも、化け物語ですけどね。」
(※翻訳中のため、観覧席の皆さんにはバトルホールの二人が、グァアアアアとか言ってるようにしか聞こえません。)
リン「りんごあめは世界を救う!」
リオン「この後の運勢…。良しっと。」
 観覧席に、エメラルドが戻ってきた。
エメラルド「お待たせ…!こんな探すとは思ってもいなかった…。」
ジグマ「エメさん、いい所に戻ってきた。」
 エメラルドが、バトルホールの二人の様子を見た。
エメラルド「おっ…。今ならスムーズに打てそうだな…。」


~再びバトルホール、それから…~

エメラルド「良いところ失礼いたす。薬見つかったぞー。」
エメラルドが、薬ビンをリリウムに見せる。
リリウム「おーっ。お疲れなのー。」
エメラルド「プリウスさん……今助けてやるから大人しく待ってろ……。」
エメラルドは、注射の準備を始めた。
 プリウスは、それを見ると後退りして威嚇し始めた。
プリウス「……………ヤダ。また訳の分からない薬打たされるの……。」
リリウム「大丈夫なの、この注射でプリウス助かるの。」
プリウス「嫌………!嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だっ………!」
リリウム「落ち着くのっ!」
プリウス「グァアアアアアアアアアア…………!!!!」
 プリウスが、再び殺気を出し始めた。
エメラルド「おーい、出来たぞーっがっ!!」
リリウム「エメ!」
プリウス「ウギャアウ!!ウギャアアアウッ!!!!」
プリウスがエメラルドに襲いかかり、肉を引きちぎっている。
エメラルド「俺はいいから………早く薬を………!」
リリウム「分かったの。」
リリウムは、転がってる注射器を拾った。エメラルドの肉を引きちぎっているプリウスに忍びより……。
リリウム「これで助かるのぅうううううー!!」
プリウスの背中に、注射を打った。


《続く》
スポンサーサイト



category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 1   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/03/28 21:24 | edit

コメントの投稿

Secret