FC2ブログ

箱庭の図書室

Vierge♀Cendrillon連載中!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

やみいろアルカディア #39 

#39 氷塞の少女

前回のお話。
階段を登ると、迷路や螺旋階段など、さらに入り組んでいた。
迷路に苦戦するも、ある壁を押すとドミノのように倒れた。
出来た道を抜け螺旋階段を登っていると、女の子に声をかけられる。
ユウリは人探しの件を伝えると、女の子はミライそっくりになって……?


 本物そのものの変化に、ユウリはびっくりした。
ユウリ「うまっ!……って見たの!?」
女の子「うん!さっきアイシクル様がっ……。言っちゃだめだったかな。」
 女の子は、変化を解くと元気いっぱいに答えた。
 ある単語に、ユウリの耳がぴくりと動いた。
ユウリ「……なぁ、今アイシクルって言わなかったか。」
女の子「うん、いったぁ。アイシクル様がっ……。」
 女の子は、何かを隠している様子だった。
ユウリ「この先、良かったら教えてくれないかな。」
 ユウリは、彼女が「アイシクル様」と言っている以上ダメ元なのは分かっていた。
 まるで予想通りに、女の子はもじもじとする。
女の子「でも言ったらころされるかも……。おにーちゃん、名前は?ユウリ?」
ユウリ「何故分かったし。」
女の子「アイシクル様に言われたもん。『ユウリって男は……僕の大切な人を奪う……邪悪で冷酷……残虐な……悪魔。迷宮をさまよっているはず……出会ったら……注意しろ…………。』って。」
 ユウリはそれを聞いた瞬間、アイシクルに対する殺意がこみ上げてきた。
ユウリ「アイツ……会ったら覚えてろよ……。」
女の子「それにしてもユウリ?悪い人には見えなぁい。」
  女の子は、ユウリの周りをきょろきょろと回っては見た。
ユウリ「そんなに見なくても。俺は、ごく普通の何処にでもいる男の子です。」
女の子「確かに!……ふつーに優しそうで、マンガとか読んでそうで、ふつーにブサイクっ!」
ユウリ「お前、素直なのはいいけど大丈夫か。いつか殺されるぞ。」
  ユウリは真顔で、無邪気すぎる女の子に警告をした。
 女の子は、それを聞くと急に怖くなったのか、びくっとしてしおらしくなった。
女の子「……ごめんなさい。人と話すのなんて何だか久しぶりすぎて。ずっと、ひとりだったの。」
ユウリ「ひとり?」
シラユキ「ユキね、気がついたらここにいて……。ここに来る前に何があったのかも思い出せないでずっと………。そういえば名前教えてなかった!シラユキっていうの!ユキって呼んでぇ。」
ユウリ「シラユキ……。ユキね。分かった。」
シラユキ「ユウリは家族も友達もいるの?」
ユウリ「今は両親と離れているけど、友達と住んでいるんだ。友達もまぁ、そこそこいるかな。」
シラユキ「へぇ~。ユキ、ユウリについてくぅ!話してて楽しいもん!」
  シラユキは、ユウリにむぎゅっと抱きつく。
ユウリ「おいおい……アイシクル様に殺されるぞ?」
  ユウリは、そういいつつも頭を撫でてやった。
 シラユキは、ムスっとした顔をする。
シラユキ「アイシクル様名前の通り冷たいし。メアリーのことばっかだし。ユキがいておいて。」
ユウリ「でも今は、あまり悪口言わない方がいいと思うよ?ユキが協力してくれるなら、俺らの住む世界に連れていってあげるから。」
 それを聞いたシラユキは、喜んでとび跳ねた。
シラユキ「わぁい、わぁい、じゃあユキきょーりょくするぅ!」
ユウリ「よろしく、ユキ。」
  ユウリとシラユキは、お互いを見つめてにこっと笑った。


《続く》
スポンサーサイト

category: やみいろアルカディア

TB: --    CM: 0   

Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #58 

#58 偵察結果

前回のお話。
煉と楓は、煉の部屋で二人歌の練習。
それを気配は、気づかれないようにして見ていた……。
そのころキッチンでは、みお、ベルベットが練習していた。
リオレットのつまみ食いにかんしゃくを起こすみお。
ベルベットはそれを見かねて、みおに唐揚げを一つあげるのであった。
それもまた、気配は見ていた……。

~ギルド内 ギルマスの居室~

 リリウムは、血生臭い匂い漂う部屋をしぶしぶと掃除していた。
 そこへ、グレンがやって来る。
グレン「リリウム様。片付けは順調なようだな。」
リリウム「何よ……。りり今忙しいんだけど。と、いうかグレンが片付けろ片付けろうるさいから片付けてやってるの。」
 リリウムの額には、『嫌』という文字が表情に出ていた。
グレン「まぁまぁ、片付いた部屋の方が気持ちいいし、エッチなことも……。」
リリウム「いらないの。」
  グレンは妄想しかかっていたが、それは先ほどのリリウムの一言であっけなく散ってしまった。
グレン「じゃあ●ップンでも?」
リリウム「いらないの……というよりファンタジー小説に持ち込むなっ!某音ゲー日記に持ち込めそれー……。馬鹿。」
 これは、リリウムの正論であろう。(多分)
グレン「そこまで言うか……それより、偵察してきた結果を……。」
リリウム「いらないの……ってそれは頼む!」
 リリウムは、一瞬冷や汗をかいた。
 グレンは内心「引っ掛かった……」と笑いつつ、リリウムに偵察結果を報告する。
グレン「あぁ。………このままでは、リリウム様負けるかもな……。」
リリウム「なっ。」
グレン「ギルド内の両チーム、エントリーしたという情報がある何人かを見てきたが、中々ののど自慢揃いだったぞ……。」
リリウム「うーん……。」
グレン「リリウム様も、歌は上手な方だと思うが……。勝ち残るのは正直難しいかもな。」
 グレンは、深く分析をしての考えこむ様子だった。
 それを見たリリウムが、突然にやけだす。
リリウム「………そうだ。グレン。」
グレン「何だ?」
リリウム「声枯れ薬……作れる?」
 リリウムが、怪しげな笑みでたずねてくる。
グレン「作れない事は無いが……?お前、まさか………。」
 グレンには、リリウムの考えてることが悪巧みだとしか思えなかった。
リリウム「うん。」
  リリウムは、予想通りと言うようににこにこして頷く。
 グレンは、その笑みに苦笑いをした。
グレン「それは流石にやめておいた方がいいと思うんじゃないか?一応忠誠を誓っている身をわきまえて言うが……。」
リリウム「作ってくれないなら、エメの所から盗めばいいだけだけどね……。」
  リリウムは、前にも増して悪意のある笑みを浮かべた。
グレン「あ、エメ娘の薬品庫か?なんか、レアメタル使用の最新鋭の頑丈な扉に変えたらしく、あれは開かずものだぞ?」
 グレンは、証言であっさりとリリウムの期待を斬った。
 すると、リリウムは残念そうに言った。
リリウム「ついにやられたのか……。薬使ったイタズラ出来なくなった………。」
グレン「あ、と言うことはこの前朝、髪色がピンクのロングヘアーになってたのは……。」
 グレンは、リリウムを睨みつける。
リリウム「……りりは知らないもーん。」
  そう言いつつ、リリウムはグレンとの距離を遠ざけていった。
グレン「待てっ!逃がさんぞこの魔兎!」
  グレンとリリウムは、その後楽しいおいかけっこをしましたとさ。めでたしめでたし


《続く》

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

やみいろアルカディア #38 

#38 ユウリと氷の迷路

前回のお話。
ユウリは、次々に大量のワナをすりぬけ階段に辿り着こうとしていた。
すると、柵で道が塞がれアイシクル現る。しかし出落ち。
柵もつららのため溶かして前へ。階段を上るのであった。


階段を上ると、広々とした空間にまた迷路が広がっていた。しかもそれは、上がよく見えない所まで広がっている。また、空間の中心らしき所には、天に向かって螺旋階段が広がる。しかもそこからまた空中廊下が放射状に延びており、壁についている無数の扉や窓に繋がっていた。
それを見て、ユウリが一言。
ユウリ「これって、虎の恩返しか何か?それとも俺に凍え死ねというダイイングメッセージか?」
面倒くさい事が嫌いな彼。しかし、ここにいてもいずれは凍え死ぬだけで仕方がない。そして何より、早くミライを救って帰りたい。
そう思い、彼はとりあえず頂上目指し歩き出す事にした。
しかし、いざ進んでみると行き止まりだらけ。あっちに行っても、こっちに来てみても、やはり行き止まりで戻ってくるのは元の場所。
一向に先に進む気配が無かった。
ユウリ「やはり俺に死ねという事ですか。......ん、待てよ......?」
諦めかけたその時、彼はある事に気付いた。
ふと見た氷壁と氷壁の間の一部分に、ハリボテでも埋めたのか、見事に縦線がついている。
彼は、それをグイって身体で強く押してみた。
すると、見事にドミノのようにどったんばったん。次々にハリボテが倒れたのであった。
ユウリ「やっぱりな......。」
ユウリは、その跡をひょいひょいと進むのであった。

~そして、螺旋階段へ~

ユウリ「ハァッ......まだここかよ......。ちくしょう、空間魔法が使えればな......。」
ユウリは、愚痴をこぼしながら階段を上り続けていた。しかし、上を見るとまだ先は長い。
ユウリ「誰か上まで吹っ飛ばしてくれる、デブがいりゃいいのにな...。」
ユウリが、息を切らしながら呟いた時だった。
?「ねぇねぇ。」
ユウリ「?」
そこには小さな女の子がいた。肌は雪のように白く、髪は艶やかな黒という姿は、どこかのおとぎ話を連想させる。
その女の子が、こちらを見ているユウリに話しかけてきた。
女の子「おにーたん、ひとり?」
ユウリ「うん、1人だけど...。」
女の子「わぁい!あたし、シラユキっていうの!ねぇ、おにーたんのお名前は?」
シラユキの吸い込まれるような幼い視線。ユウリは、何の疑いも無く答える。
ユウリ「ユウリって言うんだ。ところで、女の子を探しているのだけど、見かけなかった?」
ユウリがそう尋ねると、シラユキはうーん...と考える素振りをする。そしてすぐに、心当たりがあるようで答えてくれた。
シラユキ「女の子......。もしかして、こんな女の子かなぁ?」
彼女がそう言い終わった後。ユウリの目の前には、見覚えのある緑の髪の女の子がいた......。


≪続く≫

category: やみいろアルカディア

TB: --    CM: 0   

Vierge♀Cendrillon~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~ #57 

#57 レッスンと唐揚げ

前回のお話。
真夜中。グレンはリリウムの部屋に進入。
大量の骨が散乱する中、進むと……リリウムに見つかった。
彼女の部屋の酷さにグレンが掃除を提案すると、骨の正体が発覚し、逆にちょっと引き気味になるのであった。(皆様もうお気付きであろうw)


~ギルド内 煉の部屋~

Vierge♀Cendrillonギルドメンバーに与えられている個室は、一人一部屋。基本的にはどこも同じような構造で、シンプルな部屋である。彼の部屋は、ギルドに来たばかりというのもあるだろうが、リリウムとは大違いでスッキリと片付いていた。
そこに楓が来ており、二人で歌の練習をしていた。
煉「じゃあここからいくよー。」
煉が、歌詞カードの一部を指差す。
楓「うんっ。」
楓は、うなづいた。
煉は、ラジカセのスイッチをオンにする。ラジカセからは、ポップでキラキラとした音楽が流れ出した。
それに合わせ、二人は楽しそうに歌い出した。、
煉「キラキラと輝く~♪」
楓「私たちの砂糖菓子のような~♪」
その音は、半開きのドアの隙間から外にも流れ出ていた。
それを耳でキャッチして、そちらをジーッと見つめる気配......。
気配「フムフム......。」
気配はしばらく、陰から二人を観察するだけ観察すると、何事も無かったかのようにスッと消えてしまった。


~ギルド内 キッチンルーム~

こちらでもまた、威勢のいい歌声が響いていた。
みお「あ~♪」
みおは、美味しそうな揚げ物のいい匂いと戦いながら、歌の練習をしていた。
ベルベット「ららら~♪」
ベルベットは、料理をしながらノリノリで歌っていた。
リオレット「んふふ~♪」
リオレットは、歌っている......と思いきや、バットの上の唐揚げに手を伸ばしていた。
ベルベット「ら~......こら!つまみ食いするな!」
ベルベットは、姉御の貫禄でリオレットを睨みつけ注意する。
リオレット「はぁ............い。」
リオレットは、コッソリと家居に浸入して見つかったネズミのように、そそくさと下がっていった。
それを見てしまったみお。顔を、ふぐのようにぷっくりと膨らませる。
みお「ズルいよ!みおも唐揚げ食べたい!」
ベルベット「と、言ってもなぁ......。みんなで食べるものだからつまみ食いはダメだなぁ......。」
ベルベットは、みおに同情はしつつ、つまみ食いをさせるつもりは無かった。
そこにつまみ食い犯リオレットが、恍惚の表情でこう言ってきた。
リオレット「唐揚げ美味しかったよぉ......。」
それを見たみおは、顔を真っ赤にして更にかんしゃくを起こす。
みお「やっぱりズルいぃいいいいいいーっ??」
キィーキィー言いながら、まるでお猿さんのようになってしまったみお。
それを見かねたベルベットは、ハァ、とため息をついて。
ベルベット「ほら、食べな。」
みおの前に唐揚げを一つ差し出した。
それを見たみおは、急にしおらしくなる。
みお「いいんですか......?」
ベルベット「あぁ。」
ベルベットの笑顔を確認すると、みおは唐揚げを受け取り、パクっと口に放り込んだ。
揚げたてアツアツの唐揚げは、口に入れたとたんカリカリの食感と、あふれる肉汁が絶品。
みおはそれを、口をハフハフと動かしながら食べた。
みお「おいしい......♪」
鎮まりご機嫌を取り戻したみおに、ベルベットはいつもは凛としている口元が緩んだ。
それもまた、気配は陰から見ていた。
気配「ほぅ......。」
気配は少しすると、スーッ......と消えていった。

《続く》




category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

『Vierge♀Cendeillion』より新年のごあいさつ。 

リリウム「あけましておめでたい訳がないのー。」
エメラルド「いやいや、そこは流石におめでとうでいこう!?あけましておめでたくないとか新春からどんだけネガティブ!?」
リリウム「おめでたい意味が分からない。ルナリアの連中も真夜中中どんちゃん騒ぎだし。うるさいの。りりの夜奪うななの。」
エメラルド「まぁ、落ち着け。」
ジグマ「はろー♪」
エメラルド「ジグマ、家出したはずじゃ!?」
ジグマ「これはいいじゃん、なんせ新年でしょ?リリィはちゃんと挨拶しないと思うからさ……。そもそも本編とは関係無いんだし。」
エメラルド「あ、あぁ……(に、しても新年から「はろー♪」っていうのも凄いな……。)」
???「あけおめ。」
エメラルド「ん、誰だ?」
ユウリ「やみいろアルカディアから来ました、ユウリですー。」
ミライ「同じく……ミライです……。」
ジグマ「まさかの提携(笑)。」
リリウム「ゆーりとみーちゃん!……そういやこちらサイドはグレンとリンがあと出演するという事だったけどどこ行った?」

ミライ「あっち……。」

リン「んー……♪///」
グレン「ぺろぺろ……これでいいか?///」
リン「もっと……もっと………///」

エメラルド「見なかったことにしようか。」
ユウリ「空間の彼方に忘却しようか。」
リリウム「に、してもグレン……何やってるの……。(殺意)」
ジグマ「リリィ落ち着いてっ!」

リリウム「そんなの知らないの!フギャアッ!」

《しばらくお待ち下さい》

リン「新年早々お見苦しい所をお見せして申し訳ございませんでしたっ。!」
グレン「調子乗って……すみません。」
エメラルド「まぁ……そうだな。」
ユウリ「お祭り騒ぎだと多少ハメは外すよねw?」
ミライ「それが……怖いけど……。」
リリウム「んー……殺り足りない……。こうなれば……人間紅白でも……作ってやるの…………。」
ジグマ「リ……リリィ?^^」
リリウム「………。(ひたすら殺意)」
ユウリ「……逃げよう。」
エメラルド「……そうだな。」

((((ギャァアアアアアアアアアア………))))

《後はご想像にお任せします。》

あけましておめでとうございます。
by。リリウム、エメラルド、ジグマ、グレン、リン(以上Vierge♀)、ユウリ、ミライ(以上やみアル)

今年も本小説ブログ及びSaku†Channelをよろしくお願いします。

category: Vierge♀Cendeillion~ようこそ僕らの闇堕ちギルド~

TB: --    CM: 0   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。